アイテープならお泊りOK!?1分で二重を完成させるコツ

アイテープならお泊りOK!?1分で二重を完成させるコツ


毎日アイプチやアイテープで二重にしていると、
お泊りの時どうしたらいいかわからない!

しかし、安心してください!

お泊りでも絶対にすっぴん一重を見られない、
秘密の方法があるのです!

起きたばかりの腫れぼったくて小さい目を
見られたらどうしよう!!

そんな心配はもう無用です。

アイテープだからできる朝イチ二重メイクのコツ



起きたばかりの腫れぼったい目に一番効果的なのは
アイテープでつくる二重。

アイプチよりもアイテープがおススメです。

その理由はなんといっても、起きぬけは
顔がむくんでいることが多いから。

むくんだまぶたでは、うまく二重が作れません。

アイプチなどの液状タイプ、接着タイプでは
むくみをカバーしきれないのです。

そのため、しっかりと堅さのあるアイテープが
断然おススメです。

アイテープなら、彼氏が起きる前のちょっとした時間で
あっという間に二重を作ることができるのです。

起きぬけのむくみ顔で二重にならない時の乗り切り方



しかし、普段アイテープを使ってない人は、
急に使いこなすことは難しいでしょう。

そんな時は、手持ちのアイプチを活用しながら、
まぶたのむくみを少しでも早く解消しましょう。

ポイントは、アイプチを塗る前に、
むくみをとること。

一番のおススメは、熱いシャワーを浴びること。

身体の老廃物を流すことで、むくみがとれます。

その後、しっかり顔を拭いてまぶたを乾燥させてから
アイプチを使いましょう。

ここで焦って湿った状態でアイプチを使うと、
大失敗するので気をつけましょう。

起きたばかりでアイテープするデメリットとは



起き抜けのアイプチは、腫れぼったいまぶたに使うので
失敗する危険がとても多いです。

そのために、アイテープの方が失敗が少なく
おススメです。

しかし、アイテープにもデメリットがあります。

それは、昼ごろになってまぶたのむくみが
とれてくると、テープが浮いてしまうこと。

まぶたの面積が変わることで、テープが浮くのです。

接着力も弱まるので、強く瞬きをしたりすると、
テープが外れる、という大惨事が起こります。

そのため、時々鏡をチェックして、
テープが浮いてきたら、貼り直す、
アイプチでメイクをやり直す、などが必要です。


お泊りでも安心!