二重テープの上手な貼り方で本当の二重になれるって本当?

二重テープの上手な貼り方で本当の二重になれるって本当?

  




パッチリ二重が憧れ!

そう思って、さまざまなアイプチを試したり、
アイテープを使っている人は多いことでしょう。

そんな人たちの中で、アイテープを使っているうちに
二重になれた、という噂があります。

本当にアイテープを使い続けると
二重になれるのでしょうか。

 

一重まぶたをパッチリ二重にするアイテープの貼り方



まずお伝えしたいのは、アイテープを貼るだけでは
パッチリ二重にならない、ということ。

正確には、正しくはらなければパッチリしない、
というのが正しいかもしれません。

では、どのように貼れば、
目元をよりパッチリさせられるのでしょう。

目元のパッチリさは、目の大きさに比例します。

また、それに加えて、二重瞼の場合は
二重の幅のところまで目だという印象を与えます。

そのため、二重瞼がパッチリした印象があるのです。

なので、アイテープでパッチリ二重にするには、
より目が大きく見えるような貼り方をする必要があります。

 

悪いアイプチ、アイテープの使い方で目が小さくなる?!



正しく、コツを掴んでアイプチやアイテープを使うと
目元はとてもはっきりします。

逆に、正しい使い方をしなければ、
目元はまったく大きくなりません。

それだけなく、キレイな二重に作り直そうとしたり、
メイクとオフを何度も繰り返して、
結果、肌が荒れてしまう、という人もたくさんいます。

アイプチやアイテープといった二重化粧品は
他の化粧品以上にデリケート。

とても弱い目の周りに使用するので、
決して間違った使い方をしないように注意しましょう。

また、間違った使い方では、美しい二重にならず、
目に負担をかけてしまうだけです。

 

アイテープを毎日使用するとまぶたが伸びるって本当!?



まぶたは大変デリケートなところです。

目の周りの皮膚はとても薄い為、
ちょっとした刺激で腫れたり荒れたりしてしまいます。

そんなデリケートな皮膚に着けるアイテープは、
肌にやさしいものでなければなりません。

肌への影響も最大限抑える必要があるだけでなく、
オフにも慎重にならなければなりません。

オフでアイテープをはがすときに
いつもひっぱていませんか?

そんなことをしていては、まぶたが伸びてしまいます。

伸びたまぶたは二重の大敵。

まぶたが伸びた分だけ二重まぶたから遠ざかっているのです。

 


誰も教えてくれなかった本当の二重になる方法とは?

3日で本当の二重になれた方法を今すぐ確認する

ワンダーアイリッドの二重メガネ、ローヤルプチアイムに関する記事です。